特別な診療・腰痛治療

※腰痛治療は、土曜日は大変混み合いますので、平日のみの治療受付となります。
ご注意ください。

その腰痛・痛みは治ります!

さようなら!腰の痛み、肩こりさん!

当院では、妊娠中につきものの辛い腰痛を少しでも和らげるため、関節運動療法による腰痛治療に力を入れております。
なお、妊婦以外の患者さんへの治療も行えますので、腰痛にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

妊婦の腰痛について

辛い妊婦の腰痛妊娠されると比較的多くの妊婦さんは大なり小なり腰の痛みを訴えられることが多いようです。 軽い痛みは放置して問題ありませんが、中にはかなり痛みが強く日常生活に支障を来たされる方もおられます。

通常腰痛といえば整形外科を受診されるか、整骨院・マッサージを受けられる方が多いのですが、妊娠中の妊婦さんはレントゲンが使いづらく鎮痛剤などの薬の使用も制限されるため十分な治療を受けられるとは限りません。
妊娠中はホルモンの影響で骨盤の骨をつないでいる靭帯がゆるくなり骨盤のゆがみが起こり腰痛の原因となります。このゆがみから背部痛、肩こり、さらには頭痛までに発展することもあります。

当院では関節運動療法による腰痛治療を行い、妊娠初期から妊婦さんの腰痛を劇的に治療しております。
ちょっと骨盤を動かすだけの治療なのですがその効果は抜群で、治療を受けた妊婦さん自体が「今までのあの痛みは何だったのか!?」と不思議がられるくらいです

腰痛治療内容

ベッド上であおむけ、また横向きに寝ていただき骨盤の関節(仙腸関節)を治療します。
治療は全く痛みを感じず、むしろ痛むような手技は関節を緊張させ治療と逆効果なためご法度です。
ですから患者さんは治療中、こんなものであのつらい痛みが治るの???と思われるようです。
が、治療を終わって立っていただくとその痛みがウソのようになくなっている事にびっくりされます。
これは受けられた方でなければ分からないかもしれません(ただし外見上、顔つきが全く変わるので推測は出来ます)。
この治療法はもともと整形外科医の博田先生が開発した治療法でAKA医学会に参加する整形外科医、麻酔医、理学療法士が通常の腰痛患者さんに行っている治療法です。

福岡市南区大楠3丁目18-18
(西鉄高宮駅から徒歩30秒)

交通アクセス
診療科目
産科・婦人科・麻酔科
院長
渋谷孝博
診療時間
平日(木曜以外)
午前 9:00 ~ 午後 5:30
土曜・木曜
午前 9:00 ~ 午後 0:30
昼休み
午後 0:30 ~ 午後 2:00
※初診の方は、最終時間の30分前までに受付をお願いします。(土曜日は11時まで)
※初診の方の妊婦健診は予約制です。来院される前に予約をお願いいたします。
※ご予約は診療時間中にお願いいたします。
休診日
日曜・祝日